TOKYO BELLEZZA CLINICTOKYO BELLEZZA CLINIC

03-6258-0028電話 ご予約

下まぶたの
たるみ取り・
脂肪とり

AROUND THE EYES

年齢が出るのは、
ほうれい線よりもむしろ
下まぶたの方かもしれない

こんなお悩みをお持ちの方に
おすすめ

  • 鏡に映った下まぶたを見て、「最近老けたかなぁ」と思う
  • ぐっすり眠ったあとなのに、まるで徹夜明けの疲れた顔のようだ
  • 下まぶたの皮膚がかなりたるみ、シワが目立ってしまった
  • 下まぶたの皮膚がたるんできただけでなく、年々ふくらんできている

というお悩みに心当たりはありませんか?
「下まぶたのたるみのせいで、こんなに疲れて見えるのは私らしくない。
以前の生き生きした、私らしい目元をとり戻したい」と感じるあなたには、思い切って下まぶたのたるみや脂肪のふくらみを切り取ってしまう手術をおすすめします。

下まぶたの
たるみ取り・脂肪とりとは

下まぶたのたるみ・しわは、お顔全体を老けさせてしまいます。
下まぶたの肌のハリという「支え」が緩んでいるので、ポコッと前に飛び出したふくらみも放置すればするほど、大きくなりがちです。

下まぶたのたるみ取り・脂肪とり手術では、たるんだ下まぶたの余分な皮膚(余剰皮膚)を適量切り取って、すっきりと下まぶたを引き上げます。
ポコッと前方に飛び出した脂肪によるふくらみも、もちろん同時に取り除けます。
疲れた印象や老けた印象がなくなり、あなた本来の若々しさが戻ってきます。

もちろん不自然な印象にはいたしません。
ナチュラルで美しい仕上がりを心がけておりますので、どうぞご安心ください。

所要時間&施術時間についての注意事項

施術名
下まぶたのたるみ取り・脂肪とり
施術回数
1回の手術
術後の通院
・抜糸および経過観察のための通院があります
・通常は、術後1か月、3か月、6か月に定期受診があります
抜糸
・術後7日頃に全抜糸を行います
・抜糸後は、一定期間(3~6か月)の紫外線予防が大切です
治療効果の持続見込み
十数年~数十年の見込み(加齢変化を除く)
麻酔
局所麻酔
施術中の痛み
局所麻酔を行いますので、術中の痛みはほとんどありません
創部
・術後3か月頃まではやや赤みが残りますが、メイクによって隠せます。
 完成後(6か月後)の傷跡はほとんど目立ちません
・創部は72時間(丸々3日間)は、絶対にぬらさないでください
コンタクトレンズ
全抜糸した翌日から、コンタクトレンズの使用が可能です
ダウンタイム
もっとも目立つ腫れや内出血は、2週間程度(個人差あり)です
内出血
2週間程度かけて徐々に薄くなっていきます(個⼈差あり)
腫れ・赤み
ほぼ完全に(医学的な意味)で、腫れや赤みが引くには2~4か月かかります。
術後の痛み
術後2~4週は、時々軽い鈍痛があります
処方薬
抗生物質(内服)・鎮痛剤・抗生物質(外用)
※薬によるアレルギー反応が疑われたら使用をやめて、すぐにご連絡ください。
安静・冷却
・創部は72時間(丸々3日間)、絶対にぬらさないでください
・手術後に説明された指導された方法で、よく冷やしてください
・手術後に説明された指導された方法で、自己消毒を行ってください
洗顔
創部は72時間(丸々3日間)、絶対にぬらさないでください。
メイク
・手術部位は、抜糸の翌日からメイクが可能です
・その他の部位は当日からメイク可能です
シャワー
当日も創部をぬらさなければ、シャワー浴が可能です
入浴
入浴は翌日から可能です(長時間または高温度の入浴は不可)
飲酒・喫煙
創部の治りが悪くなるため、抜糸までは控えて下さい
運動
お仕事・介護などのやむを得ない場合を除き、汗をかくような運動は抜糸まで禁止です
合併症・副作用などのリスク(一般的なリスク)
・わずかな左右差
・手術の前に下まぶたのまつげを切りますが、また生えてきます
・腫れ、疼痛、内出血、血腫(再手術を要することあり)、感染症(再手術を要することあり)、などのリスク。
※非常にまれな合併症に関しては、カウンセリング時にご説明します。
完成後の傷跡
・医学的な意味での「完成」には、通常6か月かかります(個人差あり)
・完成後は白い傷となり、ほとんど目立ちません
・体質や治療部位の特性によって、まれに瘢痕化することがあります。
※内服・注射・テープ塗布などで瘢痕の治療を行います
・医学的な意味で「傷がゼロになる」ことはありません

よくある質問

  • 手術の前に下まつ毛を切るそうですが、これは絶対にそうするのですか?

    はい、絶対に切らせてください。
    手術の際に下まつ毛がもし傷の中に巻き込まれると、感染症が起きる恐れがあります。
    この理由から、手術の際にはいったん下まつ毛を切らないといけないのです。
    必ず生えてきますので、ご心配は要りません。

    生えてきた下まつ毛は、ちょうど傷の上をおおうシェードのようで、赤みがまだ目立つ時期の傷隠しにも役立ちますよ。

  • 下まぶたの手術のダウンタイムは、上まぶたよりも短いそうですが、大切なイベントの1か月前でも大丈夫ですか?

    さすがに1か月前だと、ちょっと時間的な余裕がなさすぎますね。

    大切なイベント(入学式・卒業式・同窓会・就職・転職・転勤・旅行・記念日など)や大事な写真撮影(運転免許やパスポートの更新など)の前に、下まぶたのたるみやふくらみを切ってしまうならば、できれば2~3か月前に手術を済ませて下さい。

    たしかに下まぶたはダウンタイム(腫れ・内出血など)も、本当の完成(医学的な意味での完成)までの時間も、上まぶたにくらべて短いです。
    しかし、しっかりたるみやしわを切り取るので、腫れが残っているうちは、若干下まぶたが下方に引っ張られて垂れ目気味に見えます。
    下まぶたの裏の赤目(結膜)がちらっと見えるくらいなので、一時的には赤みが目立ったり、目が乾いたりします。

    こういう状態は、日に日に落ち着くのですが、イベントがたった1か月先に控えていると気持ちがおちつかなくて、心がざわざわしますよね。
    ぜひ、そういった心の落ち着き的なこともダウンタイムに含めて考えるべきです。

    そういう理由で、あなたのお考えになる「1か月あればぎりぎり間に合うだろう」ではちょっと短いかもしれません。
    あなたが思うギリギリよりも、プラス1~2か月前に動いた方がちょうどいいかもしれません。

  • 私は70代ですが、この手術を受けるには遅すぎるでしょうか?
    また年齢不相応な不自然な顔にならないでしょうか?

    80代でこの手術をお受けになる方もいますので、70代ならば遅すぎることはありません。
    ただし注意事項が二つございます。

    (1)治療中の疾患(病気)がある場合は、主治医の許可が必要となります。
    治療中の疾患(心肺疾患・肝疾患・腎疾患・脳梗塞・高血圧・高脂血症・糖尿病・喘息・月経困難症・心療内科など)の状況によっては、主治医の許可が下りないことがあります。この場合は手術をお引き受けできません。
    あらかじめご了承ください。
    カウンセリングの方は、お薬手帳(お薬の説明書)と通院中の医療機関の診察券を、必ずお持ちください。
    ペースメーカー植え込み術をお受けになっている方は、ペースメーカー手帳もご持参ください。

    (2)内出血や血腫のリスクは高めです。
    治療中の疾患(病気)がほとんどない方でも、70代では若干血管の壁がもろくなっています。
    丹念に止血しますが、そもそもの出血量がおおいので、内出血の紫色(紫斑)が目立つと覚悟しておいてください。
    また、術後に皮膚の下で再出血する可能性はゼロではありません。もしも大きな血腫(出血による血の塊、たんこぶ)ができますと、傷を開いて洗い出さないといけません。
    つまり再手術のリスクもあるという事です。

    上記の2点さえ大丈夫ならば、70代での手術もお引き受けしております。
    最終的に手術をするか否かにかかわらず、お一人で悩んでいるよりも、ぜひ相談ください。

    「若すぎる、非自然なお顔」になるご心配も、杞憂です。
    ご年齢がやや高い方の場合、ご希望によってはあえて控えめに手術することも可能です。
    その辺りのバランスも心得ておりますので、しっかりご相談いたしましょう。

料金表

下まぶたのたるみ取り・脂肪とりは、自由診療のみとなります。

下まぶたの
たるみ
取り・
脂肪とり
通常価格 350,000円
SNSモニター価格 245,000円

※脱脂(眼窩脂肪)は必要に応じて行うため、追加料金はありません

※料金は、全て税抜き価格となります。