TOKYO BELLEZZA CLINICTOKYO BELLEZZA CLINIC

03-6258-0028電話 ご予約

部分切開法
による二重
(小切開法)

AROUND THE EYES

全切開は
ちょっとこわいけれど
埋没法ではもう無理ならば、
部分切開法という
手段があります

こんなお悩みをお持ちの方に
おすすめ

  • 埋没法ではどうしても狭い二重しか作れないが、全切開は怖い
  • 全切開よりは少しダウンタイムが短そうだから
  • 今の埋没二重でも十分満足だけど、埋没法だといつか外れるのが不安

とお考えならば、部分切開法はいかがでしょうか?

部分切開法とは

部分切開法では、お痛みに配慮した極細の針で局所麻酔を行った後、あなたの上まぶたに5mm前後の小さな切開(まぶたの厚みによって1~2ヵ所)を入れます。

そこから余分な皮下組織を少しだけ取り除きます。 まぶたの脂肪が多い方は、この時に眼窩脂肪(がんかしぼう)除去を追加処置として同時に行うこともできます。

その後は、二重のラインがくっきり出るように、まぶたの皮膚を「瞼板(けんばん)という 薄い板状の軟骨」に縫い付けます。抜糸は約1週間後です。

ずいぶん昔は、部分切開法の安定性をさらに丈夫にする目的で、眼輪筋(がんりんきん)や皮下組織をかなり切り取る方法が行われていました。 しかし、小さな切開創からは切除できない部分との段差(陥凹)が目立ったり、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋腱膜)の付着部に悪影響を与えることもありました。 そこで現在では、大きな皮下処理をすることは少なくなりました。

こういった理由から、昔の術式に比べると外れるリスクはやや高くなっています。 しかしそれでも、埋没法にくらべれば明らかに安定性の良い二重ができます。 この手術は、「埋没法では不十分だと分かっている。でも、切開法はためらってしまう」というあなたに適した手術です。

所要時間&施術時間についての注意事項

施術名
部分切開法による二重(小切開法)
施術回数
1回の手術
術後の通院
・抜糸および経過観察のための通院があります
・通常は、術後1か月、3か月、6か月に定期受診があります
抜糸
・術後5~7日頃に全抜糸を行います
・抜糸後は、一定期間(3~6か月)の紫外線予防が大切です
治療効果の持続見込み
・後戻り(重瞼ラインの消失)があり得ます
・後戻りの程度を完全にコントロールすることは不可能です(左右差を含む)
麻酔
局所麻酔
施術中の痛み
局所麻酔を行いますので、術中の痛みはほとんどありません
創部
・術後3か月頃まではやや赤みが残りますが、メイクによって隠せます。
 完成後(6か月後)の傷跡はほとんど目立ちません。
・創部は72時間(丸々3日間)は、絶対にぬらさないでください。
コンタクトレンズ
全抜糸した翌日から、コンタクトレンズの使用が可能です
ダウンタイム
もっとも目立つ腫れや内出血は、2週間程度(個人差あり)です。
内出血
2週間程度かけて徐々に薄くなっていきます(個⼈差あり)
腫れ・赤み
ほぼ完全に(医学的な意味)で、腫れや赤みが引くには2~4か月かかります。
術後の痛み
術後2~4週は、時々軽い鈍痛があります
処方薬
抗生物質(内服)・鎮痛剤・抗生物質(外用)
※薬によるアレルギー反応が疑われたら使用をやめて、すぐにご連絡ください。
安静・冷却
・創部は72時間(丸々3日間)、絶対にぬらさないでください
・手術後に説明された指導された方法で、よく冷やしてください
・手術後に説明された指導された方法で、自己消毒を行ってください
洗顔
創部は72時間(丸々3日間)、絶対にぬらさないでください。
メイク
・手術部位は、抜糸の翌日からメイクが可能です。
・その他の部位は当日からメイク可能です。
シャワー
当日も創部をぬらさなければ、シャワー浴が可能です
入浴
入浴は翌日から可能です(長時間または高温度の入浴は不可)
飲酒・喫煙
創部の治りが悪くなるため、抜糸までは控えて下さい
運動
お仕事・介護などのやむを得ない場合を除き、汗をかくような運動は抜糸まで禁止です。
合併症・副作用などのリスク(一般的なリスク)
・わずかな左右差
・後戻りの程度をコントロールすることは不可能です(左右差を含む)
・腫れ、疼痛、内出血、血腫(再手術を要することあり)、感染症(再手術を要することあり)、などのリスク。
※非常にまれな合併症に関しては、カウンセリング時にご説明します。
完成後の傷跡
・医学的な意味での「完成」には、通常6か月かかります(個人差あり)
・完成後は白い傷となり、ほとんど目立ちません。
・体質や治療部位の特性によって、まれに瘢痕化することがあります。
※内服・注射・テープ塗布などで瘢痕の治療を行います。
・医学的な意味で「傷がゼロになる」ことはありません。

よくある質問

  • 部分切開ではなく、全切開を選んだ方が良いのはどんなタイプのまぶたの人ですか?

    「たっぷり厚いまぶた」の方には、本格的な全切開手術の方をおすすめします。

    全切開法は、二重ができる邪魔をしている厚い皮膚やたるみの多い皮膚をしっかり切り取れるだけでなく、眼輪筋・皮下組織(瞼板前組織など)・眼窩脂肪・ROOF(retro-orbicularis oculi fat)脂肪といった皮下の重たい構造物もきちんと切除できますので、部分切開よりもはるかに強固な安定性の良い二重が作れます。

    気分的につらいダウンタイム(腫れ・内出血など)の長さが埋没法の2倍近いので、十分に時間的余裕がある方でないと難しいのですが、そこがクリアできれば、理想の二重に近づくための最適の方法といえます。

     

    部分切開法では、不要な皮膚や皮下組織をちゃんと切除できるわけではありません。

     

    上まぶたの余剰皮膚(たるみ)が多い方や、眼窩脂肪だけでなく皮下組織やROOF脂肪も多そうな印象の「たっぷり厚いまぶた」の方には、できれば本格的な全切開の方がおすすめです。

料金表

部分切開法による二重(小切開法)は、自由診療のみとなります。

部分切開法
(小切開法)
通常価格 250,000円
SNSモニター価格 175,000円
マイクロ脱脂(眼窩脂肪切除)を
同時に施行する場合
通常価格 プラス 70,000円
SNSモニター価格 プラス 49,000円

※料金は、全て税抜き価格となります。